新しい年(立春)の節目「節分」の日に厄祓(やくばらい)をする風習があります。
厄年というのは陰陽道(おんみようどう)で説かれた考え方で、一生のうちで特定の年に何らかの災難・厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、その人生の節目を「厄年」として身を忌み慎む習わしです。
医学の発達した現代においてもなお、万事に慎まねばならない年齢として、人々に意識されています。

厄年とする年令は時代や地方により何歳の年を厄年とするか諸説はありますが、数え年で、男は25歳・42歳・61歳、女は19歳・33歳・37歳が一般的です。
特に男の42歳は四二(死に)、女の33歳は三三(さんざん)といって「大厄(たいやく)」とされ、その前後の年を前厄・後厄として3年間身を慎しみます。

厄年というのは、現代の生活にもあてはまる人生の転換期であり、肉体的にも精神的にも調子をくずしやすい年齢といえます。
厄祓の方法としては、神社に詣でて祈願していただくのが一般的です。

【厄年一覧(数え年)】

男25歳厄年平成10年生
(寅・とら)
平成9年生
(丑・うし)
平成8年生
(子・ねずみ)
男42歳厄年昭和56年生
(酉・とり)
昭和55年生
(申・さる)
昭和54年生
(未・ひつじ)
男61歳厄年昭和37年生
(寅・とら)
昭和36年生
(丑・うし)
昭和35年生
(子・ねずみ)
令和3年前厄本厄後厄
女19歳厄年平成16年生
(申・さる)
平成15年生
(未・ひつじ)
平成14年生
(午・うま)
女33歳厄年平成2年生
(午・うま)
昭和64年生/平成元年
(巳・へび)
昭和63年生
(辰・たつ)
女37歳厄年昭和61年生
(寅・とら)
昭和60年生
(丑・うし)
昭和59年生
(子・ねずみ)
女61歳厄年昭和37年生
(寅・とら)
昭和36年生
(丑・うし)
昭和35年生
(子・ねずみ)