國領神社|東京都調布市国領町に鎮座し、神産巣日神(かみむすひのかみ)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)をお祀りし、千年乃藤と呼ばれる御神木がある神社です。各種のご祈願、ご祈祷、お祓いを承っております。

國領神社について

  • HOME »
  • 國領神社について

國領神社

社名

國領神社(こくりょうじんじゃ)

 

鎮座地

東京都調布市国領町1丁目7番地1

 

御祭神

主祭神 神産巣日神(かみむすひのかみ)
配祭神 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
    建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

 

由緒

現在の國領神社は、國領神社(第六天社)と神明社(八雲神明社・杉森神明社)の二社を合わせた神社である。

國領神社と神明社の創建年月については共に不明である。

昔の國領神社は以前は第六天社と称し、古代多摩川のほとりに鎮座していた。
第六天社は薬師寺(現常性寺)の管理下の頃、祭神は薬師如来の守護神十二神将の内の第6番目の第六天神であった。
甲州街道が整備された江戸時代初期の頃、常性寺が甲州街道沿いに移設されたとき、国領町184番地(現在の八雲台1丁目・八雲台小学校裏の都営住宅の所)に同じように遷座した。
明治の神仏分離の時に寺から分かれ村社になり祭神を神産巣日神とした。
その頃の境内地は565.75坪で、明治4年10月に村社という位を頂いた時には、社殿は6尺に4尺の小屋で、国領の鎮守として崇敬されていた。
明治8年國領神社と改称した。

昔の神明社も、古代多摩川のほとり杉森の地にあった。
杉森の地にあったことから杉森神明社とも呼ばれ、また八雲台の地にあった頃は八雲神明社とも呼ばれていた。
神明社も薬師寺(現常性寺)の管理下にあり、祭神は建速須佐之男命で明治42年11月17日に天照大御神を合祀して一緒に奉られていた。
甲州街道が整備された江戸時代初期の頃、常性寺が甲州街道沿いに移設されたとき、国領町182番地(現在地である国領町1-7-1)に同じように遷座してきた。

しかし、時代の推移で、旧國領神社の境内地近隣に都営住宅の建築計画の為、やむを得ず境内地を移譲した。

昭和38年10月12日に旧國領神社と八雲神明社とを合わせ、社名を國領神社として現在に至っている。

JAマインズ 広報誌「マインズ」 地域の歴史 村と鎮守様略記17

 

例祭日

  1月12日  歳旦祭
  2月 節分  節分祭
  2月12日  祈年祭
  4月12日  春季例大祭
10月12日  秋季例大差(御神幸祭は体育の日の前日の日曜日)
11月12日  新嘗祭
12月31日  大祓祭

 

末社

稲荷神社(境外末社)

ご祈願のご予約、お問い合わせは TEL 042-482-5207 09:00~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 國領神社 All Rights Reserved.