夏詣・夏まつり

夏詣とは

夏詣

大晦日に「年越しの大祓」で一年の罪穢れを祓い清め、
翌日の元日には新しい年の始まりとして、
その年の平穏を願い神社や仏閣に詣でる「初詣」を行います。

その始まりから六ヶ月、

同じく罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」を経て、
過ぎし半年の無事を感謝し、来る半年の更なる平穏を願うべく、
年の半分の節目として、
七月一日以降にも神社・仏閣に詣でます。

この新たな習慣を「夏詣」と称して、
我が国の守り伝えるべき風習となるよう、共に育てていきたいと思います。

國領神社の夏詣

文月(ふづき・7月)の御朱印

・百合(ゆり)と鬼灯(ほおづき)
・百合(ゆり)と西瓜(すいか)
・七夕(しちせき)の節句

・「夏詣」限定の特別御朱印を授与します。

夏まつり

また、「夏まつり」を7月2日(土)11:00~19:00・3日(日)10:00~16:00で開催いたします。
あわせて、”社会を明るくする運動”も同時開催いたします。
夏越大祓神事である茅の輪くぐりをして、皆様の思い出作りになるようご参加ください。

・茅の輪くぐり6月13日(月)~7月16日(土)
・七夕飾り7月2日(土)~7月7日(木)短冊をご用意しますので願い事をお書きください
・参道の竹灯籠ライトアップ7月2日(土)・3日(日)18:30~20:00
・縁日7月2日(土)・3日(日)2(土)11:00~18:00・3(日)10:00~15:00
・ステージ7月2日(土)・3日(日)2(土)11:00~19:00・3(日)10:00~16:00

「夏まつり」は、雨天の場合は縁日、ステージなど大幅に変更をして開催します。
何卒ご了承くださいますようお願い致します。

令和4年 夏まつり