國領神社|東京都調布市国領町に鎮座し、神産巣日神(かみむすひのかみ)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)をお祀りし、千年乃藤と呼ばれる御神木がある神社です。各種のご祈願、ご祈祷、お祓いを承っております。

御霊祭(恒例祭・霊祭・年祭)

恒例祭   春季霊祭・秋季霊祭、正辰祭、月次祭、日供を恒例祭といいます
春季霊祭 春分の日 春秋二季の霊祭は、春の最中と秋の最中、すなわち昼夜平分の日に先祖代々の御霊に対し、子孫が追慕追悼の誠を捧げると共に、祖先の加護をお祈りする祭りです。
秋季霊祭 秋分の日
正辰祭 祥月命日

正辰祭は、いわゆる祥月命日の祭りで、死去した日に故人を追慕します。

普通 は各祖霊中、始祖、両親、近親及び中興の祖神のような特殊の祖霊に対して行います。

月次祭 毎月1日
毎月15日

月次祭は、月の始めと半ばとに行い、日供を一段と鄭重にする祭りです。

なお月次祭の中で1月1日は歳旦祭として行います。

日供 毎日 日供は、日々の奉仕であって、日に新た祖霊の恩徳を偲び、加護をお祈りする、大切なお勤めです。

 

霊 祭  

葬場祭(告別式)が執り行われた翌日には「翌日祭」が、以後十日ごとに十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭が行われます

百日祭までを霊祭といいます

翌日祭 葬場祭翌日

翌日祭、十日祭は葬場祭(告別式)当日に併せて行うことが多いようです。

50日目まで、毎日のまつりを10日目毎に一段と鄭重に行います。

これを毎十日祭といいます。

十日祭 満10日目
二十日祭 満20日目
三十日祭 満30日目
四十日祭 満40日目
五十日祭 満50日目

五十日祭をもって忌明けとされるので、一段と鄭重に行います。

通常五十日祭終了後、故人の霊をそれまでの仮霊舎より祖先をまつる祖霊舎に合祀を行います。

五十日祭を終えて後はじめて忌明けとなり、平常の生活にもどります。

百日祭 満100日目 合祀祭の後一年祭までの間に、重要なまつりとして百日祭があります。

 

年 祭   霊祭のあとは年祭といいます
一年祭 満1年目

毎月の祥月命日には、墓参りをし、供物を普段より豊富にするなど、 故人を手厚くまつりますが、特に左記の年数に当たる年の祥月命日には、神職を招き親戚 一同が集い、特別のまつり「年祭」を行います。

五十年祭をもって「まつりあげ」といい、霊は清められて、神と祖先のもとに帰ると言われ、以後は先祖としてまつるのが慣例です。

三年祭 満3年目
五年祭 満55年目
十年祭 満10年目

以後五年ごと

 

ご祈願のご予約、お問い合わせは TEL 042-482-5207 09:00~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 國領神社 All Rights Reserved.