國領神社|東京都調布市国領町に鎮座し、神産巣日神(かみむすひのかみ)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)をお祀りし、千年乃藤と呼ばれる御神木がある神社です。各種のご祈願、ご祈祷、お祓いを承っております。

千年乃藤

  • HOME »
  • 千年乃藤

御神木「千年乃藤」について

御神木である藤の木があります。
この藤の木は、樹齢約4~500年といわれ、人々から畏敬の念を込め、「千年乃藤」と呼ばれています。
以前は大人ふたかかえ以上の欅(ケヤキ)の木にからまり、現在の甲州街道の方まで延びて、藤の花を咲かし実を生らしていました。
しかし、落雷のために枯れ、倒木の恐れが出てきたので、藤の木を保護するために欅の木の代わりに電柱を2本立て、鉄骨製の藤の棚を昭和47年4月に造りました。
この藤の棚は、高さ約4メートル、面積約400平方メートルあり、棚一面に藤の枝が広がっています。
藤の花は、4月の下旬から5月の上旬にかけて開花し、4月から5月にかけての連休の頃が一番の見頃です。(桜の開花が早いと藤の開花も早まります。)
棚一面に薄紫色の花房をつけ、甘い藤の花の香りを境内はもちろん付近にまで漂わせ、遠近の人は参拝と花見に、また、甘い香りをたよりに種々の昆虫も集まってきます。
この藤は、幾歳月を経て今日もよく延び茂るので、延命・子孫繁栄・商売繁盛、万物繁盛に通じ、また「フジ」の字は不二・無事に通じ、災厄を防ぎ守る御神木として敬い崇められています。

 

千年乃藤の開花

 

千年乃藤 藤守

御神木である「千年乃藤」の実が入った御守りです。
國領神社の藤の木は幾歳月を経て今日も良く延び繁茂するので、延命・子孫繁栄・万物繁盛に通じ、また「フジ」の字は不二・無事に通じ災厄を防ぎ守り、「実」が身を守り、実が生ること事で心願成就する御神徳高き御守りです。
千年乃藤 御守
秋に実を採り奉製するので、藤の開花時期だけの頒布になります。 (採れる実の量があるので数量限定です)

 

千年乃藤 勝守
御神木である「千年乃藤」に願いを込め、無事に「勝」を願う御守
千年乃藤 勝守

 

千年乃藤 むすび守
御祭神である神産巣日神(かみむすひのかみ)は万物の生産・生成を掌る神と云われ、また御神木である「千年乃藤」は幾歳月を経て今日も良く延び繁茂するので、延命・子孫繁栄・万物繁盛に通じ、また「フジ」は無事・不二に通じ災厄を防ぎ守り、無事に願いを結ぶ願い叶う諸願成就の御守
むすび守

 

千年乃藤 剣札守
御神木である「千年乃藤」を剣札型に描いた御守
千年乃藤 剣札守

 

千年乃藤 絵馬守
御神木である「千年乃藤」を絵馬型に描いた御守
千年乃藤 絵馬守

 

千年乃藤 鈴守
御神木である「千年乃藤」を鈴に描いた御守
千年乃藤 鈴守

 

千年乃藤 まもり鈴
御神木である「千年乃藤」は幾歳月を経て今日も良く延び繁茂するので、延命・子孫繁栄・万物繁盛に通じ、また「フジ」は無事・不二に通じ災厄を防ぎ守ると云われます 『家を出るときに外出時の無事を祈り 帰ってきたときに無事帰宅を感謝し鳴らす』 「まもり鈴」として玄関などにお置く御守
千年乃藤 まもり鈴

 

千年乃藤 祈願絵馬
御神木である「千年乃藤」を描いた絵馬です 「フジ」は「無事」に通じることから、「藤」に願いを込め「無事」に願いが叶うことを祈願する絵馬
千年乃藤 祈願絵馬

 

千年乃藤 御朱印帳
御神木である綺麗な「千年乃藤」を描いた御朱印帳です

千年乃藤 御朱印帳

ご祈願のご予約、お問い合わせは TEL 042-482-5207 09:00~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 國領神社 All Rights Reserved.